女性

お通じを良くするには

ダイエット

毎日食事をとっているので、お通じも毎日あって当たり前です。しかし、数日経ってもなかなかお通じが無かったり、お通じが合ったとしても残便感があったり、お通じの量が少なかったりなどと言った状態が続いてしまっている場合は、便秘になっている可能性があります。便秘になると、便に含まれている老廃物が血液と一緒に体中に流れてしまうため、せっかく身体に良いとされる栄養素までも脂肪となって体中に蓄積されていきます。その結果、腹痛や肥満、肌荒れ、ニキビ・シミ・ソバカスなどといった症状を引き起こしてしまうのです。

便秘や残便感に困らならないように対策を行なう必要があります。日常生活でも取り入れやすい方法として、1つ目が朝起きたらコップ1杯の水を飲む事です。コップ1杯の水を飲む事で、便を柔らかくすし、さらに腸内を刺激しお通じが良くなるとされています。2つ目が1日3食をしっかり取る事です。しっかりと栄養を取る事で体内も活発になるのでお通じも起こりやすいのです。3つ目がストレスを貯めこまないという事です。ストレスを溜めこんでしまうと、身体が疲れやすくなったりするため、リラックスをする事も大切です。4つ目はお腹を軽く押してマッサージをする事です。マッサージをすることで腸内が刺激され、お通じが良くなり残便感も少しずつ無くなっていきます。
最近では、洋式トイレが合わなくて残便感を感じてしまう事もあるとされています。原因は、座る姿勢です。日本人に一番合っている姿勢は和式姿勢だと言う意見も上がっています。

残便感は、ストレス発散などではなく、健康的な食品を摂取することで、解消することもできます。健康的な食品というのは、善玉菌などが多く摂取されている食品です。最近では、善玉菌が多く含まれたサプリメントなども販売されており、大手スーパーやコンビニなどでも購入できます。金額的に手軽な料金で購入できるため、若い人でも簡単に手に入ります。善玉菌は、環境を整える効果があるので、乳酸飲料などにも入っています。それらを食事のタイミングなどで摂取すれば、より健康な腸を保つことができます。